梨状筋症候群

図の洋梨の形をした梨状筋が坐骨神経を圧迫することによって神経障害が出ることを言います。

梨状筋

症状

お尻、下肢に痛み、痺れ

原因

下肢の運動のやりすぎ、または長時間座ったまま等により、上の図にある外旋筋群(足を外側へ廻すための筋肉達)が疲労し、慢性的に柔軟性を欠いていることで坐骨神経を圧迫してしまいます。

改善方法

外旋筋群(お尻の筋肉など、足を外側へ廻すための筋肉達)のストレッチを行うこと、また内転筋(足を内側にひねる筋肉)も硬くなっているはずなので、ほぐすようにすると効果的です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。