手首の痛み

手をつくと手首周辺が痛いという方がいらっしゃるのではないでしょうか。手首といっても甲の部分だったり、親指の付け根だったり様々です。

手首でも内側・外側とか、甲の部分でも親指側から小指側まで、その痛む場所によっても原因が違ってきます。
手首の痛み

主な原因としては、以下のようなものがなどが考えられます。これが全てではないのですが多いのはこんな感じでしょうか。

  • 前腕(肘から下)部の筋肉の緊張。
  • 腕の2本ある骨の内小指側の骨(尺骨)のズレ。
  • 手の甲が痛い場合、甲の部分の関節のズレ。

改善方法

改善方法としては、手根部にある関節でズレている関節を正常に近い状態に戻す。
前腕(肘から手首側)の筋肉を緩める。これだけのことで痛みが消えていくことが少なくありません。
書いてみると簡単なことなのですが...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。