妊婦さんに多い坐骨神経痛

『座っているとお尻から太ももの裏側に痛みがあります』など、妊婦さんからご相談の多い症状の一つがこの坐骨神経痛と呼ばれる症状です。お尻が重だるかったり、太ももの裏あたりまで痛みもしくはしびれがあります。

骨盤の真ん中にある仙骨(せんこつ)と、腰に手を当てた時にでっぱっている骨、ここは腸骨(ちょうこつ)と言います。【腰骨(こしぼね)ともいいます】この仙骨と腸骨の接続面にある関節を仙腸関節(せんちょうかんせつ)といいます。関節なのですが、動きが非常にちいさな関節です。

妊娠すると出産をスムーズにするために、「リラキシン」というホルモンにより骨盤の関節をつないでいる靭帯(じんたい)を緩め、骨盤が徐々に緩みます。

骨盤が動きやすくなったところに、大きくなってくる赤ちゃんを支える負担がかかるため、それまで腰痛が無かった人でも、突然お尻が重だるくなったり、痛くなったりすることがあります。このホルモンの働きは妊娠中ずっと続くことになります。関節を支えている靱帯が緩んだ場合、不安定な骨盤に歪みが出やすくなります。

このため動きのすくない仙腸関節が、妊婦さんの場合大きく歪むのです。(大きくと言ってもmm単位で動くか否か位です。)この時、仙骨から伸びる坐骨神経に影響が出て痛みが走ります。

妊娠中の坐骨神経痛の主な原因は仙腸関節のずれ。そして、お腹が大きくなるために、重心が変化していくことも影響します。

坐骨神経痛がある妊婦さんへの対処法そしては、背中、腰、お尻、太ももの裏の緊張を取ること、そして仙腸関節を含む骨盤の歪みを修正することで、神経の圧迫がなくなり痛みがとれます。

何もなくても大変なマタニティライフですから、何か一つでも解消することで負担を軽減したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。