温める?冷やす?

痛いときにはとにかく冷やす!と多くの方はそう思っているのではないでしょうか。

冷やした方がいいのは、打撲や捻って腫れがある急性の場合。

それ以外は、温めた方が早く改善します。

何故かと言うと、

痛めた場所が快復するには沢山の血液が必要になります。

必要があって患部に血液を集めているのに、

それを冷やしてしまっては血流が悪くなり快復が遅れてしまうんです。

慢性の腰痛はもちろんだけど、ぎっくり腰も温めたほうが良いですね。

①打撲や捻って腫れのある場合は冷やす。

②慢性の痛み、こりは温める。

大雑把には、こんな感じ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)